SQ Life 木精占い
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
今日から夜の営業再開です
こんにちは。オーガニックキッチン陽菜のナツキです。

正月以降、浄化のため長らく床に伏してまして、相方の頑張りでランチ営業だけしていたのですが、ようやく私も出てこれるようになりましたので今日からディナー営業も再開です。

お客様には何かとご不便をおかけしたことと思います、改めてお詫び致しますm(__)m


昔からちょくちょく高熱は出していたのですが、久しぶりに40℃まで出してしまい、さすがにぶっ倒れました。年始からごっそりカルマを落としてもらいました(苦笑)。


でも熱を出すことはとても良い浄化なんです。医学的にも体温は高い方が免疫力が上がると言われています。
ヨガでは熱のことを「トゥモ」といって、高熱で全身のエネルギーの詰まりを焼き切ります。

体質や個人差はもちろんありますが、私は典型的なトゥモ体質のようです。

ふつう、この年齢で(アラサーです笑)40℃も熱を出したら命の危険性もありますが、毎日の呼吸法とエネルギーの上昇で体が強化されてきたようで、おかげさまで命の別状はなく余裕で生きております。ヨガの先輩の話では41℃の熱でも平気で仕事をしていた人もいるぐらいだそうですから…

こういう体質になると風邪だろうがインフルエンザだろうが何だろうが、あまり関係がなくなってきます。
熱=浄化、風邪=浄化、薬は必要なし、病気のその人が持っているカルマである、以上。笑。

え、そんなんでいいの??っていう感じですが、ほんとにこれだけで十分なんです。

こうなると世間一般の健康に関する知識などほんとにアテにならないなぁというのが今の私の実感です。

食べ物やら衣服やら薬やらサプリメントやら、世の中にはありとあらゆる健康グッズ等、いわゆる外側からのアプローチ方法は五万と存在していますが、でも、言ってしまえばあちゃこちゃする前に、根本的に内側から体と心を作り替えてしまえばいい。

それに尽きます。まぁその方法が、前々回のブログでも書いた通りなかなかないのですが。


でも私は、もう外側だけのアプローチでは世の中は限界だと思っています。

あと2ヶ月ほどで、あの東北大震災から丸一年。福島原発は本当にショッキングな出来事でした。

みなさん少なからずとも一度は放射能について考えたのではないでしょうか。

どうしたらこの身を、大事な家族を放射能汚染から守ることができるのだろうかと。

健康的な食事?玄米、昆布に味噌汁、野菜たっぷり…。一時流行りましたね、昆布ブーム。
又は麻や絹などの天然素材を身につける? 放射能をカットしてくれるとはいいますね。まぁ色々あると思いますが。

でもよくよく考えると、それらは根本的な解決にはならないんですね。もちろん一時的には有効でしょう。

しかし、いざというとき、たとえば災害が実際に自分の周りで起き、物資の調達が困難で避難所でどうにか配給の食料にありつけた時などを想定した場合、
いや、私は絶対に玄米がいいとか、〜産の野菜しか食べれないんだとか、服はオーガニックヘンプ素材のしか着ません、などと言ってられるでしょうか。

とても言えないと思います。望めば望むほど苦しくなります。

ボランティアに行った人の話を聞くと、避難所生活の人達の精神状態はまず普通ではないと言います。今まで当然のようにあったものが手に入らない、もしくは失ったなどの満たされないストレスから皆心身ともに極限状態であるといいます。

人間はいざというときほど潜在意識が出ます。そしてほとんどの場合、潜在意識は欲望、エゴの塊です。他を害しても押し退けてでも自分は生き残りたいという生存欲求は、並の精神の人間では統御することはまずできません。

それこそ、普段から心の訓練をしていなければ、それもかなり徹底的にしている人でなければその状況を支障なく乗り越えることはかなり難しいと思われます。

要はそこなんです。
外側だけの問題で済むのかと。

政府の対策?いや、他に、外側に求めても仕方がないと思います。仕方なくもないけど、もっと深い因を見極めなければ何も解決にはならないのではないでしょうか。

なぜならば全ての現象は全て自分のカルマであるから。
ヨガと仏教の根本的な教え。

原発問題を考える会的なものもよく見聞きしますが、誰ひとりとしてここまで言及していません。


私は、自身も何か外側に対して囚われの思いや執着が生じたとき、常々、「何もなくてもよい」瞑想をします。

肉体へのとらわれ、感覚へのとらわれ、思考や心・感情へのとらわれ、観念・価値観へのとらわれ。

全て私であるようで全て私ではない という瞑想です。

これは四念処(しねんじょ)の瞑想と言われるちょっと高度な瞑想法なのですが、物事の本質に気付き、深い魂である真我(ヨガではアートマンといいます)にたどり着くためには必要不可欠な瞑想なのです。


現代のように物質に縛られ、欲に縛られ、個々が「私」であるアイデンティティーに縛られた時代にこそ、こういった外側の囚われをなくしていく四念処の瞑想は非常に重要だと私は思っています。

いかに私たちがカルマの制約を受けた不自由な存在なのか、外側の物質世界がいかにもろく儚いものか。

お正月を過ぎてもまだ賑わっているデパートや繁華街を通りすぎる度、よく想います。

ふむ、飲食店を経営してる人間として現世的にはこれは失格でしょうねぇ。別に世捨て人ではないですよ(笑)。

強いていうならば、汚泥水の中に咲く蓮華の花のようでありたいと思っています。
そして願わくは、全ての人が、全ての魂がそうであってほしいと思っています。


この話もいつか朝ヨガ教室でお話できるといいなーと思っています。


さて、夜も冷え込んできましたね。皆さまも体調管理には十分気をつけてお過ごし下さい。

まぁ、たとえ風邪を引いてしまっても、これは自分のカルマだと思って前向きに受け取って下さい。そうすると治りが早いですよ(^-^)/

では。


オーガニックキッチン陽菜
052-263-8620
11〜21 オープン
月曜・火曜定休(不定休あり)
|  ナツキ | - | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: